リフォーム業者の選び方について

リフォーム

リフォームは「第二の家づくり」と言われるほど重要なものです。そのため、知識を持たずに適当な業者を選ぶことは許されません。大切なマイホームを長く住み続けるために必要なリフォーム業者の選び方にはどのようなものがあるのでしょうか。

担当者について

リフォーム業者の選び方において、担当者との相性は極めて重要なものになります。リフォームは時間をかけて様々なことを決定することも珍しくありません。そのため、担当者とは長い時間を共有することになります。知識やノウハウがあるというのはもちろんのこと、話していて楽しかったり安心するなどといったポジティブな印象がある担当者を選ぶようにすることが大切になっているのです。

また、質問に対して正しい答えを返してくれるのかということも注目しましょう。リフォームは素人ではなかなか知識が追いつかない場面も多々あるため、その疑問に対して分かりやすく納得のいく説明をしてくれる担当者であることが求められています。そのときに難しい専門用語を多用したり伝え方が下手な担当者の場合、コミュニケーションが上手くいかず、結果施工のクオリティにも大きな影響を与えることもあるのです。

アフターサービスについて

保証やアフターサービスはリフォーム業者の選び方で最も重要なもののひとつになります。施工をしているときに資材をぶつけて壁などに傷をつけてしまうことや、欠陥が後から見つかったというときにしっかりとしたアフターサービスをしてくれる業者でなければ、泣き寝入りをしてしまう可能性があるのです。そのため、アフターサービス制度を充実している業者を選ぶ必要があります。

もしも施工のトラブルの不安を軽減させたいという場合にはリフォーム瑕疵保険に加入している業者を選ぶのが良いでしょう。このリフォーム瑕疵保険に加入していれば工事中や工事完了後に加工した業者以外の検査を受けることが出来るため、手抜き工事防止に繋がります。万が一工事内容に欠陥箇所があり補修が必要になったときには施工業者が責任を持って補修をしてくれるので安心です。

安心感が何よりも大切

担当者との相性はリフォーム業者の選び方において重要だと言われています。相性の悪い担当者の場合、情報が正しく伝わらないというリスクが発生します。また、施工までの期間を明るい気持ちで乗り切ることが出来ないというのは想像以上のストレスになるため、担当者にポジティブな感情を持てない場合には思い切って担当を変えてもらうのが良いでしょう。

また、アフターサービスについても十分気を付けてください。施工中には思わぬトラブルが発生してしまうものです。このようなトラブルに対して業者がどんな対応をしてくれるのかを確認しておきましょう。その中でもリフォーム瑕疵保険は第三者による検査で施工内容を確認してもらうことが出来るだけでなく、欠陥箇所を補修してくれるというものになっているため安心して施工を任せることができます。