有限会社魁建築企画について

リフォーム

一戸建て住宅はライフスタイルを想像しながら建築します。しかし、子どもが自立するなどのイベントによって暮らしやすさが大きく変わることも珍しくありません。そのため、リフォーム業者について調べておくことによって、その後の生活が大きく変わることもあるのです。

企業情報について

1999年4月20日に設立した有限会社魁建築企画は代表取締役の中村優哉氏を筆頭に千葉県市原市で事業活動をしている不動産会社です。五井駅から車でおよそ15分というアクセスで千葉県知事の許可を得て建築業を行なっています。営業時間は9時から18時までで定休日は日曜日と夏季・年末休業となってます。従業員は3面でありながら売上高が2021年4月期で6,900万円を記録するなど、今勢いのある企業です。

そんな有限会社魁建築企画は浴槽のリフォームを得意としています。在来工法であるタイル張りの浴室からシステムバスへ変更したり、浴槽、蛇口の交換やタイルの張り替えも行なっているのです。それだけでなく、キッチンについてはシステムキッチンの入れ替えだけでなく、コンロやレンジフードの交換、トイレは節水型や洗浄便座に変更することが出来るため、暮らしやすさを向上するのです。

メリットについて

リフォームをする際に地元業者を選ぶメリットとして真っ先に挙げられるのが費用を抑えられるという点です。何故なら、地元の小規模な業者は社内で職人を手配して作業をすることがほとんどです。そのため、余計な費用を発生させずに済みます。大手企業の場合には職人を外部から発注するため余計なマージンが発生して費用が高くなることも珍しくないため注意が必要です。

さらに、地元業者の場合にはスピーディーな対応に期待をすることが出来ます。下請け業者を介さないため、見積もり依頼から契約、施工までの流れを一貫して引き受けてくれます。そのため、打ち合わせで決められた事項をスムーズに引き継がれ、食い違いが起こりにくいのです。また、何かトラブルが会った時にも近所の業者ならばすぐに駆けつけてくれます。遠方の大手業者を選んでしまうと費用が発生する可能性があるので市原市の有限会社魁建築企画のような企業が選ばれています。

地元で活躍する業者には理由がある

有限会社魁建築企画は小規模でありながら売上高6,900万円という数字を記録している企業です。浴槽やキッチン、トイレなどのリフォームを得意としており、地元を中心に高い信頼を獲得しています。住宅設備のリフォームというのは売り上げ幅の割に高いクオリティを求められることが多いので、企業としての質が問われやすいのです。

地元業者を選ぶメリットは費用を安く抑えられる点やスピード感のある対応力が挙げられます。大手企業は確かに有名なため安心感がありますが、下請け企業へのマージンや宣伝費用などでコストが膨大になりがちです。そのため、有限会社魁建築企画のように地元に密着した業者を選ぶことがおすすめされることがあるのです。