株式会社ハウステックの特徴と魅力

住宅関連

株式会社ハウステックは、樹脂製の浴槽を世に送り出した会社として知られています。それまでは、木製の浴槽が一般的であったため、家庭でのお風呂の様子をがらりと変えたことになります。本記事では、株式会社ハウステックの特徴をお伝えします。

樹脂製の浴槽からはじまった株式会社ハウステック

大手メーカーのハウステックは、樹脂製の浴槽を普及させてきました。日本における浴室の発展に寄与しています。それまでの一般的な家庭にあった浴槽といえば木製の浴槽が一般的でしたが、樹脂製の浴槽の広まりにより衛生的に長く使用できるといった利点が多く、利便性の良い魅力的な浴槽が喜ばれています。ハウステックの樹脂技術は、浴室からさらにキッチンの化粧材やカウンター、浄化槽での生活排水処理を行うようになっています。

便利な現代社会での生活適した総合的な住宅設備メーカーとして、多くの方に頼りにされています。こうしたモノづくりを行う時の視点は、お客さまの生活を支えるために大きな役割があるからです。モノづくりに携わる社員は、一般的な生活者の目線も大切にしながら、モノづくりをすすめています。お客さまの暮らしに貢献していくという強い信念を持ちながら、業務に携わっているのです。

株式会社ハウステックのリフォームでも暮らしが変わる

住まいにはさまざまな悩み事があるものです。ちょっとした改善を加えることで、ぐっと住みやすくなり、住まいにも愛着が湧いてきます。もしも、リフォームをすれば、快適な生活を送ることができるようになります。住まいのリフォームも必要性は、新築からおよそ5年~20年の間で、色々と交換する場所が出てきます。キッチンでは、収納が物で溢れかえっていないか。蛇口の水栓にがたつきがないか。ガスコンロは油汚れがこびりついていたり、機器の古さにより機器の劣化がしたりしていないかなどのチェックをした方が良いです。お風呂場には、脱衣所との段差で、躓きやすくなっていないか。タイルの床で足元が冷たくないかなど。バリアフリーへの対応の必要性があります。タイルのひび割れや目地の汚れが気になる場合には、目地の腐食防止の対応をします。シーリング材の点検や補修が必要だったり、各所の部品の点検が必要だったりします。洗面所でも部品や機器の点検を5年ごとに行うと良いでしょう。

お客様の視点を軸に考えるモノづくり

住宅設備は、長く使う商品です。毎日の暮らしを支えるものですので、使用する際にも安定感や安心感の様なものがなくてはなりません。ハウステックの営業部門の社員や接客担当の社員は、お客さまの便利な暮らしを提示するために、お客様の視点に立って納得してもらえるまで案内をします。一度担当となった社員が、最後まで担当していくため、納入した商品ばかりでなく、ハウステックの社員も包括的に親しみを感じてもらうことができるのです。樹脂技術から始まったハウステックでは、素材にこだわった先に見据えているのが、お客さまの生活を豊かにします。