リフォーム事業に定評のある新日本ハウス

リフォーム

リノベーションで有名な新日本ハウス。顧客の視点からの改修工事に定評があります。住宅修理は、工事費が気になるものですが、良心的な工事に定評があり、実績数も10万件突破と好調です。会社の魅力をお伝えします。

新日本ハウスというリフォーム会社

テレビのコマーシャルでもおなじみの新日本ハウス。埼玉県越谷市に本社があるリフォーム会社です。首都圏である東京・埼玉県・千葉県・神奈川県において、8店舗を構えています。過去にリフォームの案件を10万件は対応をした実績を有しています。得意とする分野は、外壁や屋根工事、水廻り工事、リノベーションです。新日本ハウスが選ばれるには、大きく4つの理由があります。

1つ目は、技術力です。よりよい材料により、より頑丈な建物にするかということを日々考えながら取り組んでいますので、依頼いただく際には、細心の注意を払って対応しています。このため、技術力が高いと評判を得ています。2つ目は、資金計画ですが、改修工事では資金繰りが大きな課題となります。依頼主が後々困らないように、対応前から相談を受けています。これにより、安心して任せていただくことができるのです。3つ目は、信頼できるスタッフによる一貫した対応をしている点です。信頼関係は、すぐに築くことができる物ではありません。担当者との関係を大切にすることで、良い仕事ができると確信を得ています。最後に顧客の満足度が高いことも魅力のひとつです。細かな対応ひとつから、依頼主との信頼関係だとしていますので、このように、満足の高い仕事が可能となります。

屋根や外壁診断によるリフォームメンテナンス

外壁のコケや汚れは、雨漏りの原因になることもあります。劣化の状態を把握してみましょう。スレート瓦には、石綿が含まれていることがあります。そのため、診断が必要となります。外壁や屋根の色褪せが気になる場合には、紫外線や雨が一因となっています。塗料の効果が低減している可能性がありますので、専門家による診断が必要です。塗装がはがれてくると、外壁や屋根の耐久性が劣ってきます。外壁のひび割れが起きる可能性があり、劣化を進めてしまうことがあります。劣化している外壁といえば、サッと外壁を撫でた時に、白い粉のような物が付いてくる場合があります。これは、チョーキングという現象で、外壁の劣化が始まっていることを意味します。

また、建物の防水性や気密性を目的として目地や隙間を埋める事をコーキングといいます。このコーキングが劣化してしまうと、建物自体の強度が悪くなったり、白アリの被害を受けたりと、放っておくと深刻な建物の被害に遭うことがあります。これらの気になる建物の症状は、早めに察知して対策を採ることが必要です。

リフォームの姿勢

新日本ハウスでは、これらの症状を早めに対応することが可能です。プロの目として、外壁の確認を行います。外壁の診断を行っている間は、依頼主のへの立ち合いもお願いしています。後から、当事者間でトラブルを起こさないように、事前の対策をしています。診断後は、その建物に最適なプランを提案しています。必要な部分だけの工事をご提案することで、工事費が後から嵩んでしまうという心配はありません。リフォームや建物の診断を希望する場合には、まずはインターネットのフォームへアクセスすると、手早く対応が可能となります。

新日本ハウスの採用に関する情報はこちら